fc2ブログ



**********

 クグレックは、事態に恐れ戦いていた。
 大勢の侍女に囲まれて、パーティー参加の準備が行われる。
 トリコ王国の伝統的衣装ということで、金や銀の豪華な装飾がじゃらじゃらと施された紫のブラトップにひらひらと流れるシルクの紫のロングスカートに何人もの侍女の手によって着替えさせられた。
 砂漠の国は高温なので、腹は余すことなく晒されて、スカートも薄手で目を凝らせば中が透けて見える程に薄かった。見えても良いよう華美な装飾が施された紫色の見せる用の下着をに履いてはいるものの、クグレックは恥ずかしくて仕方がなかった。寒い土地にいたため、ここまで露出したのは、風呂に入るときに裸になるくらいだったのだ。お腹はスースーするし、胸元だってどうぞ見て下さいと言わんばかりに開いていて恥ずかしい。
 また、衣装についている装飾に負けないくらいの装飾品をを腕や足首、首にもつけられた。本物の金や銀、宝石を使用しているため重い。
 さらに、クグレックは生まれて初めて化粧というものも経験した。侍女たちが全てをやってくれるのだが、鏡の中の自分を見た時、年相応の若い女性らしく華々しい様子に変身していたことにびっくりするのと同時に少しだけ嬉しくなった。が、それは一瞬で、すぐに自身の露出への戸惑いが再び彼女を襲った。
 よくよく周りをみれば、周囲の侍女たちは下は動きやすいように裾がすぼまったシルクのハレムパンツを着用しているが、上はクグレックと同様にへそと胸元をさらけ出していた。このような露出がトリコ王国でのスタンダードであるようだ。とはいえ、慣れないものは慣れない。
 頭にはカチューシャ型のベールをつけ、準備は万全となった。
「クグレック様、大変お似合いですよ。きっと王も喜ばれることでしょう。」
 侍女に囁かれるも、クグレックは戸惑うばかりで何も言えなかった。
 せめてニタと同じ部屋で準備が施されているのであれば、気が楽だっただろうに。
 別室のニタは、今、どんな様子でいるだろうか、とクグレックは考えたが、ニタのことなので、それはそれでマイペースにやっている。

 さて、話題は戻るが、クグレックとニタが連れて来られた場所は、トリコ城である。
 トリコ王国入国の厳重なセキュリティーを抜けて、しばらく行くと、そこは右も左も砂漠地帯だった。変わり映えがしない風景が続いたので、ニタとクグレックはつい眠ってしまったが、イスカリオッシュに「つきましたよ」と起こされた時には既にトリコ城に到着していた。
 トリコ城はまるでおとぎ話の絵本で見たことがある砂漠の国のお城だ。白いレンガの壁を基調として、中心に青緑色の大きな丸いドーム型の屋根、また四方に尖塔が立ち並び、山のように荘厳にそびえ立っていた。
 イスカリオッシュに促され、デンキジドウシャを降りると、ニタとクグレックは侍女たちに囲まれ、それぞれの部屋に連れていかれた。そしてすぐに、トリコ王国風におめかしされたのだ。
 侍女たちの話によると、クグレックたちは、これからトリコ王に謁見することとなるらしい。
 リタルダンドでのマシアス達の話によれば、クグレックたちはトリコ王国とランダムサンプリ国の戦争を止めるお手伝いをしていたのだ。それに対するお礼ということで、マシアスとその兄ディレィッシュからおもてなしを受けることとなっていたが、まさか国を挙げてのおもてなしだったとは。
 国家間の戦争を止めたのだ。確かに国王から喜ばれるのは間違いないだろうが、国王まで巻き込むなんて、マシアス達は少し大げさすぎだ、とクグレックは思っていた。。
 衣装に着替え、鏡の前で待たされたクグレックは、手元にあるボタンをカチカチと押してみた。すると、目の前のランプの灯りが同じタイミングで消えたり付いたりした。火を直接灯さなくても、灯りがつくのがトリコ王国らしい。これがイスカリオッシュが言っていたデンキの力である。まるで魔法だ。
 やがて、祝宴が開催される時間となり、クグレックはニタと合流した。この時クグレックがどれほど安心したかは計り知れない。
 ニタは、頭に水色や黄色のターバンを巻き、ピンクや赤、橙色のストールを体に巻いていた。いつぞや着ていたローブなどよりも鮮やかで可憐さがより際立ち、ニタに良く似合っていた。大変可愛い。
「クク、すごいセクシーな格好だね。でも、似合うよ。」
「う、うん。ありがとう。」
 侍女たちに囲まれて、二人は大広間に続く廊下を歩く。廊下は天井が高く、
「それにしても、なんだかすごいことになっちゃったね。王様直々におもてなしって、どういうこと?気前良すぎじゃない?」
「本当に。こんな恥ずかしい恰好だし…」
「そうだね。ククはちょっとセクシーすぎるから、ニタ的にはあんまりマシアスには見せたくない恰好だね。まぁ、とにかく、ニタは美味しいごはんが食べられると嬉しいなぁ。」
「私は早く着替えたい…。」
 クグレックの声は今にも消え入りそうだった。

スポンサーサイト



 2016_01_20

12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P