fc2ブログ


魔女と砂漠の王国⑱


**********


――ようやく貴女にお会い出来る。素晴らしい器のおかげで、世界に混乱をもたらすことが出来た。貴女の魔を呼び寄せる力は、いとも容易く私を呼び覚ますことが出来た。器に眠り続けるしかなかった俺の力は彼奴如きに吸い取られ続けるだけかと危惧したこともあったが、もうその心配もなかろう。彼奴は俺との融合を受け入れた。あとは貴女の力を手に入れるだけ。貴女の来訪を心待ちにしているよ…

 クグレックはハッとして目を覚ました。突然ディレィッシュの声が聞こえたのだ。
 だが、隣ではニタがすやすやと寝息を立てている。どうやら、夢であった。クグレックは緊張のあまり寝ることも無理だろうと思っていたが、結局寝てしまっていた。
 バックミラーを通してクグレックが目覚めたことに気付いたクライドは相変わらずぶっきらぼうな口調で「あと数分で到着だ。」とだけ声をかけた。窓の外を見遣れば青空は既に茜空に変わっていた。ニタは相変わらずすやすやと眠りについている。
 3人を乗せたデンキジドウシャはエネルギー高炉へと到着した。エネルギー研究所よりも大きく、精製されたエネルギーが保存されるその建物は、研究所以上に無機質で冷たい様相をしていた。
 デンキジドウシャから降りると、クライドは自身の4D2コムを取り出して入り口にかざした。すると、入り口の扉は自動で開き、3人を受け入れた。
「間違っても余計なことをするな。」
 半ば睨み付けるような表情でクライドが二人に声をかけた。
 クグレックはクライドの威圧感に怖気づき、小さな声で「はい…」とだけ言った。
 そして、二人はクライドに案内されて、会議室に通された。そこには多数の机といすが並べられただけの誰一人として存在しない部屋だった。
 クグレックとニタは緊張した面持ちで、部屋の中ほどまで進む。この後、トリコ王ディレィッシュに会うことが出来ると考えると、緊張せずにはいられなかった。
 クライドは二人が会議室に入るのを確認すると、鍵を施錠した。そして、常に帯刀されている剣の柄に手をかけ、その身を鞘から抜いた。手入れされた白銀の刀身がきらりと光る。そして、すぐさま緊張しつつも警戒心がなくなっているニタに向かって、その剣を振り下ろした。
「え!?」
 ザシュッという斬撃音がしたかと思うと、その場に鮮血が広がり、ニタはその場にうつ伏せに崩れ落ちた。
「ど、どうして…?」
 ふかふかの白い背中には赤い血が滲んでいた。息を荒くさせながら朦朧とした意識の中でニタはクライドに向かって呟く。
 ニタの返り血を浴びたクライドは相も変わらず無表情のままだった。そして、クロスを取り出し剣についた血を拭った。
「王からの命令だ。王が必要としているのは魔女だ。ペポ族の戦士がいると少々邪魔になる。」
 クライドは刀身を綺麗に拭き上げると、その身を静かに鞘に納めた。
「まじか…。ニタ、ちょっと油断しちゃったなぁ…。ここでお別れだなんて…。クク、ごめんね…。」
 そう言い残すと、ニタは力尽きがくりと床に突っ伏した。
 クライドは、呆然として立ち尽くすクグレックに視線を移した。顔は青ざめて、カタカタと体を震わせている。まるで小動物のようだ。
「急所は外している。ニタは手当さえ間に合えば助かる。だから、速やかに大人しく指示に従え。場所を変えるぞ。」
 クライドはクグレックの腕を掴んで、無理矢理引っ張って、別の部屋へと連れ込んだ。
「もうじき王の手も空く。しばらくここで待っていろ。」
 そこは応接室で、質の良いソファとローテーブルが並べられていた。
 クグレックはソファに倒れ込み、背もたれに向かってうつ伏せになった。
 ニタが重傷を負った。クライドは手当てをすれば助かると言っていたが、本当に手当てをするのか疑わしい。杖は、クライドに没収されており、ディレィッシュに会う際に返してもらえるとのことだった。また魔法に頼れない状況だ。ニタを助けに行くことも出来ない。
 クグレックは頭の中がぐちゃぐちゃになっていたが、なんとか正気を保とうと必死だった。ピアノ商会では、マシアスが怪我して死にかけただけで、取り乱して何も出来なかったのだ。まだ色んな可能性が残っているのだから、クグレックは何とかして正気を保とうと必死だった。

関連記事
スポンサーサイト




 2016_06_12

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P