fc2ブログ


優しい嘘を吐くこと

Category: アルトフールの物語   Tags: *  

マナの午睡。

アルトフール最年長の彼女は沢山の大切な人達を見送って来た。

皆のことが大好きだった。

自分の特異性に絶望して、心を失いかけた彼女は感情をなくしてしまった。

だがアルトフールに来て、少しずつ人間らしい感情を取り戻しつつあるらしい。

青年クルガは、彼女のそんな過去と変化を知らない。



 

小川の近くの大きな木の陰で居眠りをしていたのは、アルトフールのリーダーのマナだった。傍には可愛らしいピンク色の小さなじょうろとシャベルと何も入っていない布袋があった。
 モンシロチョウがひらひらとマナに近付いて彼女の鼻に止まると、彼女はゆっくりと目を覚ました。ぼんやりとしながら、鼻の上の違和感と目が合い、ぎょっとした。その複眼やストロー状の口は近くで見ると思いのほかグロテスクでこの世のものとは思えなかった。
 一瞬何なのか良く分からなかったが、すぐにひらひらと飛んで行ったのでモンシロチョウであることをマナは認識することが出来た。
 しばらくしてマナはのそのそと動き始めた。地面に目を遣りながら、木の周辺をウロウロする。先ほど何かの種を植えたのだが、どこに埋めたのか忘れてしまったようだ。彼女にしてはせわしなくうろうろし続ける。
 すると、そこへアルトフールの最年少である青年クルガがやって来た。
「マナ、どうしたの?」
 クルガの声を耳にすると、マナはぴたりと立ち止った。そして、クルガの方へ顔を向けて、彼の姿を認識すると、ゆっくりと口を開いた。
「種が、見つからないの。1か月前に植えたのに。」
「種?」
 クルガ青年は周りを見渡した。マナの力になろうと思い、種が埋められたであろう箇所を探す。
 だが、問題はすぐに解決した。マナの足元だけ土の色が違っているのを見つけたからだ。
「マナ、もしかして、そこに植えたんじゃない?」
 にこにこしながら、クルガはマナの足元を指差した。マナは顔を下に向けると、一歩下がってしゃがんで土を撫でた。
「… 死んでない?」
「ん?」
 マナの声は小さいので聞き取りにくい。クルガはマナの傍に近付こうと、傍にしゃがんで耳を傾ける。
「死んでない?」
 クルガは驚いた様子でマナを見つめた。マナの表情はいつもと変わらない。だが緑色の瞳の奥はいたって真摯であった。
「大丈夫だよ。生きてる。ほら、ここに手を置いてごらん。」
 クルガはマナの手を取り、地面に手のひらを当て大地の鼓動を聴かせる。土はほんのり湿っていた。
「分からない…。感じることが出来ない。」
 それはクルガも同じだった。地面に手を置いただけで、中の状態が分かるなんて不思議な技は持ち合わせてはいない。マナならば、何かを感じ取ることが出来るかなと思ってやってみたが、そうではなかった。生きる時間を忘れてしまった彼女には分かるはずのない試みだったのだ。クルガは逆に彼女を悲しませてしまったような気がして、クルガ自身が悲しい気持ちになった。
「もう死んだんだ。」
 マナはそう一言だけ呟くと、マナは立ち上がって、シャベルを取りに行った。
 そして、色の変わった土を再び掘り返す。掘り返された土からは白い毛におおわれた種が現れた。カビが生えていた。マナは水をあげ過ぎたのかもしれない。しかし、マナはそれに気付かないのか土を掘り返し続ける。
 クルガはそれを止めることが出来なかった。あの種にはカビが生えていてもうダメだったが、もしかすると、土の中で種は生きていたのかもしれないのに。なぜそんなことをするのか、疑問を抱いたのにクルガはやすやすと彼女の行為を許してしまった。
 多くの死を見送って来た彼女には、希望を見出すことが出来なかったのだろう。どうであれ最後にあるのは死。絶望的な結果論ばかりが先行する彼女には可能性なんて見出せない。すべての結果は死である。
「何してるの?それはもう死んだんだよ。」
 クルガは土の周りを石で囲んでいた。
「まだ生きてるよ。諦めないで。次はもう二度と踏まないように、こうやって周りを石で囲んで目立たせておこう。」
 もう、この種が芽吹くことはないだろう。それでも、マナに希望を抱いて欲しかった。
 マナは、クルガが土の周りを石で囲む様子を興味深そうにじっと見つめていた。
「花が咲くのが、楽しみだね。」
 マナが言った。
 


そうして、数日後、石で囲いを作っただけの花壇から芽が出て来た。
「生きてた。」
 と、マナは呟くと、そのまま家に帰った。そして、掃除をしていたクルガに報告した。
「あのね、生きてたの。芽が出て来た。」
 あまりにも唐突だったのでハッシュは一瞬なんのことか良く分からなかったが、すぐに何のことか察することが出来た。
 あの種は確実にダメになった。
 だけど、クルガはマナに希望を見出す喜びを感じてほしくて、マナに隠れてこっそり新しい種を植えなおした。そして、水をあげ過ぎないように、水の与え方もレクチャーした。
 「良かったね。」
 と、クルガが微笑みながら言うと、マナはこくりと頷いた。



fin.

関連記事
スポンサーサイト



 2014_03_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P