fc2ブログ


序章2



 
 翌日、早朝からドアが激しく叩かれていたために、私は目が覚めた。
 騒々しいと思いながら、ドアを開けると、そこには血相を変えた村の男性達がいた。農業は今お休みの時期なのに、手には鍬や鋤、槌などが握られている。
「魔女クグレック、俺の息子になんてことをしたんだ!」
「あんな子どもをお前は殺そうとしたのか?可哀相に、あんなに怯えてしまって。」
 え?いったい何のこと?
「お前は忌まわしい魔女の力を使って、風を巻き起こして、石を子供たちにぶつけて殺そうとしたんだろう?まだ16歳だからと思って甘く見ていたが、そうでもないらしいな。」
 どういうこと?昨日のことを言っているならば、それはあまりにも誇張されている。
「ニルゲンさんの喘息の薬はどうした!ニルゲンさん、薬がなかったから、咳が止まらず呼吸困難で意識不明に陥ったんだぞ!エリアさんから話は受けている、とのことだったが、お前は薬を渡さないことでニルゲンさんを殺そうとしたのだろう!」
「魔女め!お前はこの村を滅ぼそうとしているんだな!」
「昨日話し合いをして、もう生かしておくことは出来ないと決まった。」
「忌々しい女め!ここで死んでしまえ!」
 
 状況がつかめないまま、私は混乱に陥る。どうしたらいいのかわからない。一人の大きな男が私の腕を掴み、家から引っ張りだそうとしてきた。
 物凄い力で掴んできたので、腕が痛かった。そして凄く怖かった。
 その瞬間、パンとなにかが破裂する音がして、辺りが一瞬眩しく光ると、私の腕を掴んでいた手を離して目を押さえてよろよろと頼りない足取りで後退していった。
 他の男達も、突然の出来事にたじろぎ動揺しているようだった。
 私は慌ててドアを閉め、鍵をかけた。そして、2階の自分の部屋に逃げ込んだ。
 
 憎悪が私を突き刺そうとしている。
 憎悪を向けられることがこんなにも怖いことだったなんて。
 でも、どうしてこんなことになったのだろう。
 私が外に出て、人と関わろうとしてきたから?
 私が忌々しい魔女だから?
 
 私は大きく息を吸い込んだ。そして、ゆっくりと吐き出した。
 落ち着かなければならない。
 村の男たちは私を殺そうとしていた。それは私も願っていたことだった。ならば、このまま殺されてしまおうと思ったけど、怖い。先ほど腕を掴まれた時に、殺気立った憎悪が私を窒息死させようとした。あれに中るのは怖い。ならば、自分で死んでしまおう。
 ただし、私はおばあちゃんとの約束を破ってしまった。
 ニルゲンさんの薬。
 殺そうとした意図はないにせよ、私はニルゲンさんの薬を私に行かなかった。それがニルゲンさんの今の状態に繋がっている。ニルゲンさんは私のせいで死にかけている。
 大きなカバンを持っておばあちゃんの調合室に駆け込むと、私はその中に詰められるだけの薬を詰め込んだ。ラベルは着いてるから誰が見ても何の薬かは分かるはず。おばあちゃんの薬は村の人達を助けて来た、大切な薬。これだけは、渡さなければ。
 2階の客室に行き、窓を開け放つ。
 男たちは、ドアの前で厳戒態勢を取っていた。先ほどの大きな男を追い払った不思議な現象に警戒していることが良く分かる。 あの人たちは私のことを恐れている。
 こんな非力な私なんて、武器がなくても殺すことが出来る。それなのにあの鍬や鋤といった道具を持ち、そして、今現在の異常なまでの警戒状況。
 私は大きく息を吸い、渾身の力を振り絞って声を張り上げる。
「ニルゲンさんの薬を届けなかったことは本当に申し訳ありませんでした。この鞄におばあちゃんの薬が全部入っています。私から受け取ることは出来ないかもしれませんが、これは間違いなくおばあちゃんの薬です。私は何も手を付けてはいません。あなた方を陥れるつもりはありません。だから、使って下さい。受け取ってください!」
 そう言って、私は鞄を外へ放り投げた。私の頼りない腕力では遠くに飛ばすことは出来ないけど、この家から少しでも離れてくれれば良い。鞄の中には服を沢山入れたので、落とした衝撃で割れたことはないだろう。
 男たちは呆然とした様子で鞄を見て、そして、私に農具を構える。鞄を拾おうとする者はいなかった。
「貴方たちが決めた通りに、します。」
 と言って、私は窓を閉め、自分の部屋に入った。おばあちゃんからもらった大切なペンダントを身に着け、おばあちゃんの灰を懐にしまう。
 そして、樫の木の杖を右手に持ち、深呼吸をする。
 覚悟は出来ている。

「イエリス・レニート・ランテン・ランタン。炎よ、燃やし尽くせ。」
 詠唱を行うと、杖の先から炎の玉が飛び出ていく。まずは私のベッドに当たった。ベッドが炎に包まれる。次に飛び出た炎はカーテンに当たった。次はタンス。棚。床。壁。私の部屋は炎に包まれる。ドアは開け放していたので、火の手は広がっていく。
 熱い。
 燃えた家具が爆ぜて、私の頬を掠める。
 煙を多く吸ったので、息苦しい。意識もだんだん遠のいていく。
 私、死ぬんだ。
 おばあちゃんとの思い出が詰まった家が燃えてなくなってしまうのは悲しいけど、やっぱり生きていくのは苦しいよ。
 一人じゃ生きれない。
 現実は、怖いことばかり。
 おばあちゃん、私、今からおばあちゃんのところに行くけど、許してくれるかな。
 神様、私が死ぬから、ニルゲンさんは助けてあげてください。
 
 炎が燃え上がる轟音と火が爆ぜる音、天井の梁も崩れつつある。そんな中で、外の男達が騒ぐ声が聞こえるような気がした。喜んでいるのか、戸惑っているのか。
 願わくば、あの薬の鞄を拾って使って貰えればいいな。

関連記事
スポンサーサイト



 2014_07_05

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P