fc2ブログ


夢見るうぬぼれ乙女とアルティメット④







 
リマとディレィッシュ

 リマちゃんはビカレスクが一番好きらしいが、次に好きなのがディレィッシュらしい。
「ディレィッシュは、キープなの。」
 キープの意味は私には良く分からないけど、好きな人が沢山いるのは良いことだと思う。
「私もビスクもディッシュも好きだよ。あと―」
「何言ってるのよ。」
 リマちゃんもニタも好きだよ、と伝えたかったけど、遮られた。
「ディレィッシュもビスクも、好きでいていいのはあたし一人だけ。アルティはダメよ。」
 ニタは好きでいてもいいんだ。でも、私もディレィッシュもビカレスクも好きだから、好きじゃなくなるのは難しい。困ったな。
「リマちゃん、俺がキープだなんて酷いな。」
 ディレィッシュがやってきた。眼鏡をかけている。最近は時計を組み立てることにはまっているらしい。
「何言ってるのよ。あたしはビスク一筋なのよ。でも、ディッシュもあたしのことが好きなんでしょ?だから、その気持ちは大切にしてあげなきゃ。アタシのことを好きでい続けていて良い権利を与えているのよ。」
「ははは。そうだな、リマ様。そう言われたら何も言えないよ。あ、リマ、ハクアが呼んでたよ。温室で待ってるって。」
「温室で?」
 リマちゃんは不機嫌そうに繰り返した。
「あたし、行きたくないわ。ハクアにそう伝えておいて。」
「俺もちょっと用事があるから、行けないんだよな。リマ、自分で伝えといて。」
「えー。結局温室に行かなきゃいけないんじゃない。」
「まぁまぁ。」
「面倒臭いなぁ。」
 と、リマちゃんはぶつくさ言いながら、結局ハクアがいる温室へ向かって行った。
 リマちゃんがいなくなってから、ディレィッシュが話しかけて来た。
「アルティ?」
「なに?」
「アルティは俺のことも、ビスクのことも好きでいていいんだからな。あと、リマのことも。」
「うん。リマちゃんはダメって言ったけど、良いよね。皆のこと、嫌いになれないもん。」
「あぁ。それで良いんだ。」
 


関連記事
スポンサーサイト



 2014_10_24

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P