fc2ブログ


光の翼


 彼女が持つ翼は神聖味を持って光り輝いているのだろう。
 俺には見ることが出来ないのだが、彼女の背中には天使の翼が付いているはずだ。
 下界に降りて来たということは、彼女は天使ではなく堕天使なのではないだろうかという懸念はある。
 が、詳しいことは聴かない。彼女が天使であろうと堕天使であろうと、彼女は彼女だ。そして俺にとっては天使なんだ。
 その春の陽気のように無邪気な笑顔や天真爛漫な性格。お日様の光と同じ金色のふわふわのロングの髪。太陽にかざすと透き通って本当に綺麗なんだ。あと、それとなく香る甘い香り。彼女の全てがこの世のものとは思えない。だから、あいつは俺にとっての天使ちゃん。
 
「もー、ディレィッシュ、すぐ部屋汚くする!また発明品自分で踏みつけて壊しちゃうんだから!」
 口を膨らましてぷんぷん怒るアルティメット。ああ、かわいいなぁ。俺の天使ちゃんは、ことあるごとに俺の部屋にやって来る。決まって俺が研究や発明に勤しんでいる時にやって来る。まぁ、ぷんぷん怒るのも最初のうちで、すぐに大人しくなってその辺のガラクタを弄ったり、静かに本を読んだりしている。決して片付けはしない。出しゃばらないところが良いと思う。部屋は散らかっているが、俺自身はどこに何があるかは覚えているから、片付けられても困るのだ。アルティメットはそれを知っている。流石俺の天使ちゃん。
 最近はちょっとした手伝いを頼むと、喜んで引き受けてくれる。まるで俺の助手のようだ。可愛い助手め。
「はい。出来たよ。これとこれとこれ、くっつけた。」
「はい、ありがと。じゃぁ、ちょっと外に出て合体させてみようか。俺がこれを持っていくから、アルティはドア開けてくれる?」
「分かった。」
 まるで子犬のように素直に言うことを聞いてくれるアルティメット。可愛いな。
 俺達二人は外に出て、ガレージに向かう。ここガレージには俺の結構大きめの発明品が保管されてある。今回は、≪空飛ぶ円盤≫を作っている最中だ。
 この≪空飛ぶ円盤≫は、その名の通り空を飛ぶ。この円盤に立って乗る。この円盤部の下方には魔力を源としたエンジンがついていて、空を飛ぶ仕組みになっている。円盤にはT字型の棒が垂直に刺してある。この棒のTの部分にグリップがついているので、このグリップの部分を自転車のハンドルのように握ってバランスを取って空を飛ぶことが出来る。
「これをくっつけたら、ちょっと今日は試乗してみよう。少しだけ浮けば大丈夫だ。」
 先ほど自室で作った部品を空飛ぶ円盤にくっつける。サイドに何もないと浮いている間不安定かと思い、羽を模した飾りをつけてみた。これでうっかり足元を滑らせることがないだろう。
 そして、外までアルティメットに空飛ぶ円盤を運んでもらう。アルティメットはその可憐さに似合わず力持ちだ。とんでもない力を持っているが、アルティメットの可憐さは揺るがない事実なので、力持ちでもやはり可愛い。小さい体が大きな円盤を運んでいる様子を見ると、即頭をなでなでしてあげたくなる。
「ここで良い?」
「あぁ、ありがとうな。じゃ、試しに乗ってみよう。」
 そして、俺とアルティは円盤の上に乗る。魔力はハンドルを通して伝わるので、アルティメットにハンドルを握ってもらう。が、ハンドルの舵をアルティメットだけに任せるのは不安だから、後ろから俺もハンドルを握ってバランスを取る。
「よし、じゃぁ、飛ばすぞ。アルティメット、そこのボタンを押してごらん。」
「OK。」
 ハンドル傍のボタンを押せばエンジンが作動する。
 ふわり、と浮遊感を覚えると、空飛ぶ円盤は地面を離れてゆっくりと前進を始める。
 重力に打ち勝った我々はふわふわと低空を飛び続ける。
「わー、ディレィッシュ、空飛んでるねー!すごいすごい!」
 アルティメットは喜んでいるようだ。笑顔が見れて何よりだ。でも、アルティメットならば、その天使の翼でもっと大空を自由に羽ばたいていたのだろうけど。
 と、その時、円盤部から、ガコンと大きな音がなった。すると、ぐらぐらと揺れ始め、エンジンは過剰な出力を始め、円盤部は加速しながら高度を上げていく。
「こ、これはまずい。」
 どうやら今回の試乗は失敗に終わりそうだ。
 円盤は上昇したり下降したりを繰り返す。かろうじてバランスは取れているが、いつ振り落とされてもおかしくない状況だった。円盤からはキラキラと虹色の魔力の分子が噴射される。まるで光の翼のようだ。
「あはは、ディレィッシュ楽しー!」
 こんな状況ではあったが、アルティメットは楽しんでくれている。いやぁ、何よりです。…とでれている場合じゃない。円盤部からは黒い煙が上がるようになった。そして、物凄いスピードで上昇していくが、いつ壊れるか分からない。バランスを取りながら、次の一手を考えるが、円盤はボンと爆発して、壊れてしまった。俺達は空中に放り出された。
 どうやったらアルティメット守れるか。下敷きになってでもアルティメットを守らねばと頭が一杯だったが、一向に地面は近付いて来なかった。
 ふわふわと白い羽が舞い落ちて来る。上を見上げるとアルティメットが俺の腕を抱えていた。その背には大きな真っ白の羽が羽ばたいている。これが神秘的に輝く天使の翼。
 アルティメットと目が合うと、アルティメットは屈託のない笑顔を浮かべながら
「空飛ぶ円盤は壊れちゃったけど、楽しかったね!」
と、話しかけて来た。俺もアルティメットの笑みにつられて、顔が緩む。
「だな。やっぱ、重力から自由になるって、楽しいな。」
「ね!」
 結果的に試乗は失敗に終わった挙句、私はアルティメットの力によって空を飛んでいた。
 アルティメットと二人きりでゆっくりと空の旅を楽しみたかったけど、仕方がない。また一から研究をやり直して、空を飛ぼう。
 青空にアルティメットの神聖なる天使の翼は、太陽の光できらきらと輝いていた。
関連記事
スポンサーサイト




 2015_07_25

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P