fc2ブログ


スローモーション②



 
***********

 ニタが去り、再びリビングはクルガとマナの二人きりになってしまった。縁側で日向ぼっこをするマナの背中を見やりながら、クルガは緩慢な動作でソファに座る。
「マナ、こののろのろ状態はいつまで続くの?」
日向ぼっこをするマナに尋ねるクルガ。少しの間の後に、マナはクルガに背を向けて縁側に座ったまま「・・・1時間くらい。」と答えた。
「1時間か…。」
 クルガは時計を見ながらため息をついた。こののろのろ状態でいると、時間の流れまでも遅くなっているように感じられた。この体で1時間は1時間よりもきっと長く感じられるであろう。
 と、そこへ、マナがとことこと近付いてきて、クルガの隣に腰を下ろした。
 予期せぬ幸せに彼はたじろいだ。好きな人が傍にいるのだ。なぜ隣に移動してきたのか分からなかったが、自分のそばにマナが自分から近付いてきてくれたことは嬉しかった。
 どんなにのろまな体になったとしても、ドキドキするこの胸の鼓動だけはいつもと変わらない。心臓は正常に血液を送り出しているであろうことが感じられた。
 クルガはそっと隣のマナを見る。マナは背筋をぴんと伸ばし、手は膝に重ねて凛とした様子でお行儀よく座っていた。まるで目の前に偉い人でもいるかのようだ。クルガも姿勢を正さねばならないような気がして、背筋を伸ばした。

「時間って…長いよな…。」
 クルガの口から零れ落ちた小さな言葉。のろのろになった彼は、時間経過の感覚の異変に思わずつぶやいてしまった。
 この言葉は白昼のまどろみの中に消えていくであろうと思われたが、マナが「そうだね」と相槌を入れた。・・・え?マナが?と思い、クルガは耳を疑った。
 マナは相変わらず姿勢をぴんと伸ばし微動だにしない。
 珍しくクルガの言葉に反応するマナに、彼自身は驚いていた。いつもならクルガに無関心で無視することも多いというのに。
 
 でも、よく考えれば、彼女は『不老長寿のマナ』なのだ。誰よりも倍に生きて、おそらくアルトフールの中では時間がいかに長いかということを理解している。その楽しみ、喜び、苦しみ、悲しみもすべて感じてきたのだ。

 それにしても静かな昼下がりだ。アルトフールの皆はどこにいるのだろう。
 と、クルガが考え始めた時、肩のあたりにふわりと重みを感じた。
 彼はドキドキしながら視線を遣ると、マナが彼の肩に寄りかかっていた。目を閉じて規則正しい小さな寝息を立てている。どうやら眠っているらしい。不老長寿であるマナは寝る時間がやたら多い。
「マナ…」
 クルガは優しく微笑んで、彼女の髪に手を触れる。さらさらと流れる黒髪。そして、まるで赤ちゃんのような可愛らしい寝顔。

 と、その時、クルガの脳内に悪魔が現れた。
『よう、若造。お前、今が絶好のチャンスだよな。この女、ありえない程に無防備だぜ。』
 悪魔のささやきに、クルガはドキドキしながら。マナの寝顔を覗き込む。
『このままやっちまえよ。キスの一つや二つくらい、減るもんじゃないんだ。てゆーかよ、むしろ、この女はお前のこと誘ってるんじゃないか?据え膳食わぬは何とやらだ。やっちまえよ。』
 脳内に響く悪魔の声。クルガの視線は自然にマナの唇へと移る。ちょっと薄めの可愛らしい唇。
『誰もいねえんだ。キスしちまえよ。』
(確かに、だれもいない)と、悪魔のささやきに促されるまま、クルガは生唾をごくりと飲み込む。
しかしながら、影あるところに光あり。天使が現れた。
『ちょっと君、君はこの子のなんなんですか?寝こみを襲っちゃうんですか?恋人でもあるまいし、卑怯ですよ!』
 天使の言葉にクルガははっとして正気を取り戻したが、続けざまに悪魔は語る。
『んだよ、やめるのか?お前そいつのこと好きなんだろ?漢たるもの強引さは必要だぜ。』
『何をいうのですか。やはりそれは卑怯ですよ。男なら、しっかり気持ちを伝えてからするべきです。この子に強引に口づけをしたところでその意味を理解すると思うのですか?』
 脳内の葛藤に苦しむ若造クルガ。
「・・・ん。」
 天使と悪魔の言い争う声が聞こえてしまったのだろうか。マナは色っぽく小さく声を漏らした。
 ところが、これが天使と悪魔の戦いに終止符を打つきっかけとなった。 
 クルガは脳内の来訪者2名のうち1名をものの見事に消し去ることに成功した。

『ケッケッケ。男だねえ。』
 青い若造クルガは天使ではなく悪魔に従った。
 クルガは再び生唾をごくりと飲み込み、マナの肩に手をかける。そして、相変わらず緩慢な動作で、ゆっくりとマナに顔を近づける。クルガ自身が感じる『ゆっくり』は、傍から見ればまるで植物の成長速度のようにゆっくりと漸進的であった。
 スローモーションでゆっくり、ゆっくり唇をマナの唇に近づける。
 ところが寸でのところで、ニタが再登場。
 ニタは基本的にユニコーンのような性質を持っているので女の味方であり、アルトフール内のセクハラに関しては非常に敏感だ。見かけたら即刻ペナルティーを下す。
「若造め!何をしている!お前も変態ディレィッシュと同じ変態かー!」
 そう叫んで、白い珍獣兼アルトフールのセクハラ対策委員会委員長のニタは、クルガの襟元を掴んでマナから引きはがして、投げ飛ばした。
 クルガは床に打ち付けられて「ぐへぇ」と声をあげて気を失った。
 その間にニタはマナを安全な場所へ避難させる。
 クルガは薄れゆく意識の中、天使の言うことを聞かなかった自分を責めた。もし、彼がちゃんとしたマナの恋人であったのならば、ニタも気を利かせてそっとしておいてくれただろうに。ニタは空気が読めない子ではない。現にククとその想い人のハッシュとの関係に関しては物凄い気を利かせているのだから。
 しかし、もしも、クルガがのろのろ銃の被害を被っていなかったのならば、唇が触れ合うまでの時間はもっと短く済んで、ニタにばれる前にことを成し遂げることが出来たのではないだろうか。
 などと考えていたら、クルガの脳天に壁時計が落下。意識は瞬時になくなった。

『だから卑怯な手は使うなと言ったのに』
 悪魔はにやにやと薄ら笑みを浮かべ、天使は呆れたようにため息をついた。


関連記事
スポンサーサイト



 2014_01_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2024_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P