fc2ブログ


ニタと幻の不死鳥⑥


「あ、あの」
 と、そこへ、一人の少女が立ち上がった。
 黒いローブをを着た黒髪ショートヘアの16歳の少女、クグレックだ。右手にはスプーンを持っている。口を付ける方を握って柄を男たちの方に向け、立ちはだかった。
「クク」
 ニタは思わず叫んだ。
「わ、私はドルセード王国のマルトの村から来たクグレック・シュタイン。ま、魔女です。」
 『魔女』の一言に男たちは「魔女だって?」「本物か?」「こんな女の子が」と、どよめいた。
 少々上ずってはいるものの、しっかりと声を張り上げて、クグレックは続けた。
「私もニタと一緒に行動します。だから、同行を許してください。」
「え、君みたいな女の子じゃ危ないよ。しかも、魔女だなんて嘘ついちゃって。」
 当惑しながら巻き毛の男が言う。
「え、嘘…?」
 クグレックも困惑した。クグレックは渾身の勇気を振り絞って、自身が魔女であることを打ち明けたのだ。マルトの村人達のように、襲い掛かってくるかもしれない恐怖を乗り越えて明かしたというのに、目の前の人々は全く以て動じない。
 世の中の、世界における魔女という存在は一体どうなっているのだろう。クグレックはどうしたら良いのか分からなくなったが、スプーンを握りしめる手に力を込めた。
「わ、私は魔女です!獅子よ、襲い掛かれ!」
 クグレックはスプーンの柄を一振りした。すると、クグレックの目の前に靄が発生し、その中から一頭の獅子が現れた。獅子は低い唸り声をあげ、男達を威嚇する。巻き毛の男の方へゆっくりとにじり寄り、大きな咆哮を上げたかと思うと、巻き毛の男に飛びかかった。巻き毛の男は尻餅をつき「うわぁぁぁ!」と悲鳴を上げた。
 
 と、思いきや、彼の体は無傷だった。
 たった今、自分を襲おうとした獅子はどこにもいない。黒いローブを着た黒髪ショートヘアの一人の少女が緊張した面持ちで巻き毛の男にスプーンの柄を向けて立っているだけだった。
「今のは、一体?」
 きょろきょろあたりを見回しながら巻き毛の男が言った。
 周りの男達もざわめく。
「確かに、今、獅子がいた。」
「ビートに襲い掛かったと思った。」
「でも、突然消えた。」
「何だったんだ?」
 男達もまた目の前の不思議な出来事に頭の処理が追いつかなかった。
 その時、マシアスが立ち上がり、ようやく口を開いた。
「今のが魔法だよ。」
「今のが、魔法…?」
 巻き毛の男が尻の埃を叩き落とし、マシアスの方を向いて立ち上がりながら呟いた。
「幻を見せるのも魔法だ。お前たちは魔法は見たことがなかったか。」
「は、はい。白魔女様がたまにいらっしゃいましたが、彼女は治癒魔法専門で、このような魔法は初めて見ました。」
「白魔女が来ることの方が珍しいけど…。ビート、この二人、連れて行こう。」
「え、でもこの二人には危険ではないでしょうか?」
「ニルヴァを狙う山賊は大したことないから、この二人でも大丈夫だ。」
 マシアスはニタとクグレックに目くばせをした。二人は嬉しそうに顔を見合わせ、声を揃えて
「よろしくお願いします!」
と深々と頭を下げた。
関連記事
スポンサーサイト




 2015_09_01

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

六星ぷれや

Author:六星ぷれや
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P